クレジットカード現金化は強制解約させられるかもしれない

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする行為です。
消費者金融のように審査が厳しくないので、基本的にクレジットカードを持っている人ならば、誰でも利用することができます。
そのため学生や主婦でも気軽に利用できます。
しかし使い方を間違えるとクレジットカードを強制解約させられるリスクもあります。

どうやってクレジットカード現金化をするのか?

クレジットカード現金化をする時には、現金化業者を利用すると便利です。
現金化業者は買取式とキャッシュバック式の方法を用いて現金を渡してくれます。
買取式とは利用者がクレジットカードを使って、現金化業者から指定された商品を買い、同じ業者に中古品として買い取ってもらう方法です。
キャッシュバック式では、商品は利用者が買い取るので、現金化業者に返す必要はありません。
商品の現金特典という形で現金をキャッシュバックしてもらいます。
現金化業者の店舗が近所にある場合には、自分で店舗に行き現金を受け取れます。
ネット型の現金化業者の場合には、自分が指定した口座に現金を振り込んでくれます。

自分でも出来るクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、現金化業者に頼まなくても自分でもできます。
クレジットカードを使ってブランドのバッグや財布を買い、中古買取業者に買い取ってもらえば現金が手に入ります。
また人気のゲームやスマホ、パソコンなどをクレジットカードで買い、ネットオークションで売れば現金に換わります。
自分で現金化すれば現金化業者を使わないので利息を取られることもありませんが、現金を手にするまで時間がかかるため、今すぐ現金が欲しい人にはお勧めしません。

クレジットカード現金化は犯罪ではない

クレジットカード現金化は法律の際どいところにある行為で、犯罪とは断定できません。
というのもクレジットカードで買った商品が、不要になったので中古買取業者に売ったり、ネットオークションで売りさばくという行為は、クレジットカード現金化を目的としていなくても、普通に起こりうることだからです。
そのため利用者がどんな目的でクレジットカードを使って買った商品を現金に換えたのか、目的が判断しにくいため、犯罪とは認識されません。
しかし何の問題もないわけではなく、カード会社に発覚した時にはペナルティを科せられるかもしれません。

クレジットカード会社の利用規約に違反する

クレジットカード現金化は犯罪ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約に違反します。
そのためカード会社に発覚した時には、クレジットカードの利用を停止されたり、強制解約させられる可能性もあります。
一般にクレジットカードは利用した次の月に銀行口座から引き落とされますが、強制解約させられた時にはカードで利用した金額を、すぐに一括で返済しなければなりません。
クレジットカード現金化を利用する人の多くが現金に困っている人なので、一括返済はかなり難しくなります。
このようにクレジットカード現金化は犯罪ではありませんが、カード会社の利用規約と反する行為なので、発覚すると強制解約させられるかもしれません。
そのため利用する前にリスクを検討するようにしましょう。