クレジットカード現金化を楽天カードで行うためのコツ

楽天カードは日本国内の利用者数ナンバーワンとも言われる有名クレジットカードです。
そのためクレジットカード現金化で楽天カードを使いたい人も多いことでしょう。
しかし何の対策もせずに楽天カードを現金化に利用してしまうと楽天から警告を受けてしまうという話もあります。
ここでは楽天カードを使って安全にクレジットカード現金化を進める方法について説明します。

楽天カードでクレジットカード現金化をするのは規約違反に相当する

楽天カードではクレジットカード現金化を目的とした決済を規約によって禁止しています。
しかしこれは楽天カードに限った話ではなく、ほぼ全てのクレジットカード会社が同じような規約を作ってショッピング枠の現金化に対して警告を出しています。
そしてその規約には法的な拘束力はなく、あくまでそのカード会社との契約だけに影響するものとなっています。
簡単に言えば、楽天カードでのクレジットカード現金化が楽天側にバレてしまった場合のみ会員資格の剥奪や楽天カードの利用停止といったペナルティが発生するということです。
つまり楽天カードで現金化をする際は、いかに楽天側に悟られないかが最重要となります。

楽天カードを日常的に利用していないと現金化がバレやすい

クレジットカードを発行する会社が把握できるのは、基本的には「何を・どこで・いつ」買ったのかというショッピング情報のみとなっています。
それがクレジットカード現金化を目的とした決済であったのかどうかまで楽天側が正確に察知することはできないので、もし現金化がバレてしまうとしたらそれ以外の理由が考えられます。
もっともバレる可能性が高いのは、普段はほとんど使われていなかった楽天カードで急に高額の決済が行われた場合です。
こうした際にはカード会社はまず不正利用を疑って利用内容の調査を実施することがあります。
普通なら何でもないような買い物であっても詳しく調査をされてしまうとそこからクレジットカード現金化が発覚してしまうことがあるので、現金化をするのであればなるべく普段使いしている楽天カードをそのまま使うのがおすすめです。

クレジットカード現金化の専門業者を使った方が安全性は高い

高価なブランド品や最新の家電製品など、クレジットカード現金化に適した商品を楽天カードで短期間に大量購入している場合も楽天側に疑いの目を向けられやすくなります。
しかし自分で商品転売をして現金化をするとなると、どうしても換金率の高い商品を連続で購入せざるを得なくなります。
こうした事態を避けるためには、クレジットカード現金化を専門に扱っている業者を使うといいでしょう。
インターネット上には様々なクレジットカード現金化業者のサイトがあり、簡単に申し込みが可能となっています。
専門業者を経由する形で現金化を行うと、カード会社の目には普通の買い物をしたようにしか見えない工夫がされるため安全にクレジットカード現金化を進めることができます。
楽天のように特に買い物の内容に敏感な会社であっても、現金化専門業者の利用を見破ったという話は聞かれないので安心していいでしょう。

楽天カードでクレジットカード現金化をするメリットとデメリット

クレジットカード現金化では、表向きは通常の買い物と同じように見せることが大切になります。
そして通常の買い物と同じように楽天カードで決済することができれば、楽天ポイントの付与も受けることが可能です。
クレジットカード現金化における決済金額はかなりの高額になることが多いため、楽天ポイントの還元を受け取ることができるのは非常に大きな要素となってきます。
しかしその一方で、現金化を実施した月にはカードの限度額に気を配っておく必要もあります。
たとえば普段から楽天ペイを楽天カードと紐づけて利用している場合、現金化で大きくショッピング枠を使ってしまっていると日常の買い物に支障をきたす恐れもあります。

まとめ

楽天カードでクレジットカード現金化をする時は、必ず楽天側にバレない方法を使うようにしましょう。
楽天に現金化がバレてしまうとカードの利用停止だけでなく、楽天会員としての様々な特典まで失ってしまうリスクがあります。
安全に現金化を行うのであれば自力の転売ではなく専門業者の利用が推奨されます。
また日常使いの楽天カードで現金化をしたあとは、限度額に注意して過ごすようにしましょう。